慢性的な頭痛持ちだからと諦めていませんか?

頭痛は、なぜ起きるのか?

日頃から積極的に身体を動かしている人とそうでない人では、後者の方が頭痛持ちになりやすいと言われています。運動不足になると、使われない筋肉は痩せて次第に硬くなり、血管を圧迫するようになります。

そうなると、血液循環の悪化により栄養や酸素が筋肉に運ばれにくくなり、結果として体内に疲労物質や老廃物が溜まるようになります。それが頭痛を引き起こす肩こりの原因とも言える理由なのですが、「肩こりは頭痛と関係あるの?」とふと疑問に感じる人も多いかもしれませんね。

しかし、頭痛が引き起こされる仕組みにおいて、肩こりなど筋肉の緊張によって起こる血流の悪さが大きな原因として挙げられます。後頭部から肩にかけて締め付けられるような痛みがある場合は、慢性的な頭痛の可能性があるので、まずは肩こりを解消させることが必要になってきます。

慢性的な人の解消法

運動不足がちで頭痛に悩んでいるあなた、まずは1日5分身体を動かす時間を作ることから始めてみましょう。誰しも年齢と共に体力や筋力は衰えてきますが、適度な運動はそういった衰えを遅くさせてくれる方法です。

流行りのヨガやウォーキング、関節をゆっくり大きく回すなどのストレッチやラジオ体操など、できることからトライすることです。 そうすることで、血液の巡りをよくすると、慢性的な頭痛が起きにくくなります。

また、適度な運動を続けることは、病気やケガの回避にも繋がります。 対策として行うだけではなく、心身共に健やかでいられる毎日の為に運動不足からの卒業をしていきましょう。