身体の内側から体臭を無くす方法

体臭の違い

臭いに対して誰もが敏感になりつつある昨今、体臭予防効果の高い商品の売上が年々伸びているそうです。こういった話を聞くと、自分や他人の体臭に対して気にしている人が大変多いことが分かりますね。

そもそも体臭とはどんな臭いなのでしょう。個人差はありますが、基本的に肌などの分泌物が元となって身体から発せられる臭いのことを体臭と呼びます。本来、汗腺と言う物は無臭でサラサラしていますが、体臭がキツく感じるものはツンとした特有の刺激臭があります。

これは、日頃身体を動かさない環境で過ごしている運動不足の人に多く見られるベタベタとした不快なものです。 汗は体温調節や老廃物を排泄する重要な働きをしていますが、運動不足の人は汗腺の働きが弱く老廃物が体内に溜まりやすい状態になっています。

血行不良より雑菌が繁殖し臭いを発することからも、体臭の原因はそのものではなく分解する際の細菌の活動が原因だと言われています。

汗腺を鍛える!?

無臭でサラサラとした良い汗をかくには、まずは運動不足を解消することが先決になってきます。 日頃から適度な運動をしていると、汗腺が鍛えられ汗によるデトックス効果も高く得られます。

汗を良くかく習慣をつけることで、成分が水に近いサラサラしたものになります。 この時の汗はアルカリ性が少ない酸性で、皮膚表面の雑菌の繁殖も防ぐ為に体臭予防にも効果があります。

体臭の無い汗を出す為にも、季節を問わずかけるよう汗腺機能を鍛えることから始めてみましょう。 日中は運動不足にならないように心がけながら、夜は汗腺トレーニングとして半身浴を試してみるのもお勧めです。