その症状を解決するには?

血行不良と免疫力低下が及ぼすリスク

人間は、年齢を重ねる毎に体力や筋力が衰えてくる症状が現れ始めます。体力や筋力が衰えてくると、身体全体に行きわたる血流が悪くなり、それは免疫力が低下するなどの悪影響を及ぼすのです。

血行不良により筋肉が硬くなると、その中を通る血管も少しずつ細くなり、やがて腰痛や肩こりなどの不快な症状をもたらします。こう言った症状は、入浴などで血管が広がると痛みは緩和しますが、それは一時的な効果である為に時間が経つとまた痛みは発生します。

血流が低下すると身体の体温が下がりますが、体温が1度下がった人の免疫力は約30%ダウンすると言われています。 免疫力の低下は、感染症や心臓病や癌などの発症率が高くなったり、精神的にも不安定な神経症状が現れることも分かっています。

加齢と運動不足がもたらす影響

冷えは万病の元と呼ばれるように、低体温は身体だけでなく精神にも深刻な症状をもたらすことが分かっています。 加齢と運動不足が重なると、血流低下は更に加速し、動脈硬化や脳梗塞、更年期やうつ病を発症するリスクも高まります。

更には内臓機能の働きも衰えてくる為、便秘や胃潰瘍の症状が現れたり、高血圧や糖尿病などの深刻な生活習慣病にかかりやすくなります。 また、ホルモン分泌の低下による薄毛や皺たるみなどの老化減少の症状を速める原因としても運動不足は大きく関係しています。

人間は加齢や老化を避けて通ることはできません。ですが、運動不足からの脱却をはかり、病気を未然に防ぎ老化を遅らせることは可能です。まずは日頃から積極的に筋肉を使って柔軟性を維持しながら、身体を温めることが大切です。

運動不足によってもたらされる病気の症状を回避していく為にも、軽いウォーキング等の有酸素運動を毎日行うことをお勧めします。 適度に行いながら、心身共に健やかで豊かな生活を目指して行きましょう。