運動すれば腰痛はなくなる?

ph1

多くの人が腰痛で苦しんでいる。

現代人は、運動が不足していると言われています。仕事はパソコンによるデスクワークが増え、交通の手段は電車や車など体を動かす機会が減っているといえます。平成25年の統計調査の結果によると、腰痛は年齢と共に増える傾向にあります。

40~49歳では、男女合わせて 1000人に対して196人となっており、およそ20%となります。70~79歳では男女合わせて1000人に対して399人となりおよそ40%となっています。
g6-youtuu1
また、腰痛で通院している人の割合は、40~49歳では、男女合わせて 1000人に対して63人となっており、およそ6%となります。70~79歳では男女合わせて1000人に対して255人となりおよそ25%となっています。やはり年齢と共に増える傾向で、なかなか完治しにくいものであることが伺えます。
g7-youtuu2

運動は腰痛に良い?

運動不足が腰痛の原因であれば、単純にウォーキングなどで体を動かせば良いかといえば、必ずしもそうとはいえません。逆に体を痛めてしまう可能性があるのです。普段から姿勢がわるかったり、猫背であったりする人は特に注意が必要です。

体が硬いと感じている人や自分は姿勢が良くないと自覚している人は、まず姿勢を良くすることや体のゆがみなどを治していくことをする必要があります。くない姿勢のまま、健康に良いはずだからと無理にウォーキングなどを行っていると、どんどんと症状が悪化していく場合があります。

実は、実際に私がそうなってしまったのです。元々姿勢が悪く猫背でした。運動も殆どしておらず、健康のためにウォーキングを始めました。数ヶ月はなんともなかったのですが、寒くなり始めたこと、少しお尻のあたりが痛みだしました。

歩いていていれば、その内なんとかると思い続けていたところ、症状は悪化しついに5分あるくと股のあたりがしびれるようになってしまいました。歩くところか立っているだけでも、辛くなってしまう状態になってしまったのです。結果、整形外科に行ったところ、椎間板ヘルニアだと診断されました。
rentogen1rentogen2
診断してもらった整形外科では、炎症を抑える薬と湿布をもらって様子をみてくださいと言われました。それで治らなかったらどうなりますか?と聞いたところ手術するしかないと言われました。

今は何とか完治しましたが、今から考えると悪い姿勢で歩き続けたことで腰に負担がかかり、発病してしまったといえます。 腰痛になってしまうと完治するには、腰痛になった時間だけかかりその後も再発しやすいといえます。普段からどんな運動やストレッジをすれば腰痛になりにくいか備えておく必要があります。

関連記事

カテゴリー