運動不足だとなぜ腰痛になるか?

Man with dorsal pain

背筋と腹筋がコルセットの役割になる

運動不足の人やデスクワークの仕事が多い人は腰痛になりやすいとよく耳にします。では、なぜ運動不足になると腰痛になるのでしょうか?腰痛には内臓疾患からくるタイプと背骨からくるタイプに分かれます。運動不足が原因で腰痛になる場合は背骨に原因があるタイプになります。

背骨は、レンガの滑り台のように傾斜させて積み重ねそのレンガの間の椎間板というクッションを入れ人体というひもで連結しているような形になっています。そして、レンガがくずれないように背筋と腹筋がコルセットの役割をしています。
sebone

運動不足になるとこのコルセットの役割をしている背筋や腹筋が弱くなり、レンガがくずれやすくなってしまいます。この状態で、重い物をもったりして急激な負荷が加わると腰を痛めてしまうことになります。いわゆるギックリ腰などがそれにあたります。

また、長時間同じ姿勢などでいると筋肉硬直しある一部分の背骨や腰に負荷が集中してしまいます。痛みが出てそれをかばうような姿勢になってしまうと悪循環となってしまいます。

逆に考えれば、背筋と腹筋を強化ししなやかな筋肉になっていれば、コルセットの役割を十分に発揮でき腰痛になりにくいともいえます。

強化するには?

普段からストレッジや軽い筋肉トレーニングをすることで強化することができます。だたし、腰痛がかなり酷い状態の場合にはいきなり行うとさらに悪化してしまう恐れがあるため、無理をしないよう十分注意が必要です。

腰痛になる前の予防が大切となります。腰痛予防のストレッジは、書籍やyoutubeなどに多くありますが、自分に合ったものを探すことが重要です。色々試してみてしっくりいくものを選びましょう。

ウォーキングを行うと腰痛が治りますか?という疑問を持たれる方がいます。ウォーキングなどの有酸素運動を行うことでストレス解消することができるという論文などがあります。精神的な緊張などが続き、肩こりなどの体のこわばりが腰痛と関係している場合には効果がある場合もあります。

個人的にお勧めな運動

個人的にやってみて効果を体感したのは、以前に流行したロングブレスです。猫背も治り背中周りに筋肉が付いた感じがしました。真剣に行うとかなりキツイトレーニングですが、無理せず少しずつ行っていっても良いと思います。既に腰痛で、かなり状態が悪い人は悪化してしまうかも知れませんのでお勧めできません。

関連記事

カテゴリー