腕立て伏は有酸素運動か? 筋トレ効果

Fotolia

有酸素運動といえばウォーキングやサイクリング、無酸素運動というと筋肉トレーニングなどであると一般的に言われています。

では、道具もいらない手軽な腕立て伏せによる筋トレはどちらなのでしょうか?
腕立て伏せをおこない心拍を計ってみました。

測り方

腕立て伏せは、速さを変えて各30回行いました。
速く:可能な限り速く
普通:特に速さ意識しないで自然に
ゆっくり:できる限りゆっくり

腕立て伏せした時の心拍数

g21

結果

速く腕立て伏せを行うと心拍数が高くなる。最高 118bpm
普通とゆっくり行っても心拍数はあまり変わりない。最高 109bpm

私の安静時心拍数 60 bpm、最高心拍数 197 bpmを元に心拍数と運動強度を計算すると
、80%  165bpm 70 %153 bpm 60 % 139 bpm  50% 126 bpm 40% 113 bpm
となります。

 

速く腕立て伏せを行っても118 bpmで心拍42%になり、ぎりぎりし脂肪燃焼のゾーンに入る程度になります。

g15

今回の結果からすると普通に行うと109 bpmで運動強度が35%で意外と心拍数が上がらないことがわかりました。

今回レベルの腕立て伏せでは無酸素運動には到達することはなさそうです。

関連記事

カテゴリー