機能満載アプリ Runtastic GPS ランニング&ウォーキング運動記録

run

ウォーキングをしていると、どのくらい歩いたのか?どのくらいの速度が適切か?どのくらいカロリーを消費できたのか?などが気になりますね。スマートフォンなどのアプリを使用すると様々な情報を得られ効率良く運動することができます。

その中でも機能や情報が多く使いやすいアプリ“Runtastic GPSランニング&ウォーキング運動記録”を紹介します。Runtastic GPS ランニング&ウォーキング運動記録アプリは、有料版と無料版があります。有料版は500円となっています。有料版では広告が消えます。

わかりやすい表示

Runtastic GPS ランニング&ウォーキング運動記録アプリは、運動を行っている際に、速度や心拍数をリアルタイムで確認できます。心拍数からゾーン外、イージー、脂肪燃焼、有酸素、無酸素、レッドラインなどにより色が変わるため、わかりやすく表示してくれるので心拍数を容易にコントールすることができます。

運動後の結果がグラフもわかりやすく表示されます。有酸素運動の時間がビジュアル的にわかります。(心拍数を計るには、Bluetoothに対応した心拍計を使用する必要があります。)
run-h1

また、速度と心拍数の関係がわかりやすくグラフ化されます。赤が心拍数 青が速度になります。

run-h2

Runtastic.comにログインすることで、PCでデータを確認することができます。

run-h3

うれしい機能として

・自動一時停止(オートポーズ):動きの停止にあわせ、計測も自動停止
・トレーニング目標:心拍ゾーン、消費カロリー、目標ペースを設定して、運動を最適化
・グラフ:高度、ペース、スピード、心拍数
・色つきトレース:ペースや高度、傾斜の変化を色で可視化
・天気、気温、日の出&日の入り時刻をもとに、予定を調整

などがありとても便利です。

運動の種類とて、ランニングやウォーキング以外にもサイクリング、エルゴメータ、エアロビクス、スイミング、ダンス、ハイキング、ヨガ、筋肉トレーニング、体操、ゴルフなどたくさんあります。

ただし、残念なことが2点あります。

・プロフィールの身長や体重は、メールアドレスとpwを登録しないと入力することができません。ログアウトして、メールアドレスとpwを忘れてしまうと履歴を閲覧することができなくなってしまいます。

消費カロリー値が異常である可能性があります。複数回、同じコースで速度などを変えて検証してみました。結果、規則性ががなく値が変動していることがわかりました。心拍数や速度が高くなると消費カロリーが多くなることは推測されますが、逆に低くなっています。

また、その相関性もなく何を基準に消費カロリーを算出しているか確認できませんでした。心拍数や速度に差がなくても2倍近く差が出てくる場合もあり異常だと思います。
run-g

心拍数や距離などを確認すうには、良いアプリですが消費カロリーはおかしいかも知れません。

関連記事

カテゴリー