変形性膝関節症の原因と対処法

膝痛の代表、変形性膝関節症とは

膝の痛みの原因は様々あります。例えば、若い人でもジョギングやテニスなど激しいスポーツによって痛めてしまうこともありますし、老化による膝痛に悩むお年寄りの方もたくさんいます。

そして、運動不足が気になる中高年の間では変形性膝関節症によって膝トラブルを抱えている人が後を絶たない現状です。膝の痛みのほとんどがこの変形性膝関節症によるものだと言われていますが、この病気は肥満の方や40歳以上の女性に多く見られます。変形性膝関節症とは、加齢や運動不足によって関節の軟骨がすり減ったり骨の変形が生じてくる病気です。

軟骨は軟骨細胞からできており、軟骨自体に血管がないのでそこに酸素や栄養を運ぶパイプラインが必要となってきます。 それには、関節にある滑膜から出る滑液を軟骨に染み込ませなければいけませんが、滑液は何もしなくても軟骨に染み込むわけではありません。 そこで、適度な運動やストレッチが膝痛予防に必要不可欠となってくるのです。

痛いからと言って放置はNO

膝は人が日常生活をする上で全身を支えてくれる重要な部分です。 まずは膝をささえる筋肉を鍛えることから始めてみましょう。 膝が痛くて更に運動不足になると言う方もいると思います。

しかし、膝を動かさないでいると周辺の筋肉も次第に衰え、筋力低下により膝への負担は更に強まっていきます。日頃から身体を動かすことを心がけ、太ももの両側や足の筋肉を鍛えるストレッチを積極的に行うことをお勧めします。痛みで出来ないと言う方は、膝に負担をかけずに行う方法もあります。

椅子に座って膝を上下に動かしたり、水中ウォーキングをするなど、膝に負担をかけずに運動不足を解消させて行きましょう。